おんたま
おんたま

大変ご無沙汰しています!
現在、夫の仕事の関係でマレーシアのクアラルンプールに2022年の5月から滞在しています。
初めてのマレーシア生活、キッチン用品は現地調達も考えたのですが、お気に入りの道具は思い切ってカナダから持ってきちゃいました。
そんな「持ってきてよかった!」そして「日本から取り寄せて良かった!」なモノ達をご紹介します。

No1. 藤井器物製作所 ボウル 3way水切りボール

正直こんな大きなもの持っていってどうする?と何度も悩み最後に「えいっ」と荷物に放り込んだのがこのボウル。

結果大正解!で到着早々大活躍です。

お米を研ぐのはもちろん、野菜を洗ったり、茹でた葉野菜の水切りから和物までここで完了することもでき、また南国なので冷たい素麺が食べたい!ということも多く、麺の湯切りから氷を入れて冷やすまでここで完了!

特にマレーシアでは野菜を洗うのも浄水を使うため、こうやって溜めながら洗えるのがとっても便利(葉野菜は砂を噛んでることも多いのでしっかり落とせます)

このボウル、2019年に購入して日本からカナダに送ってもらい、そしてカナダからの乗り継ぎ、乗り継ぎを経た今回の長旅でも全く凹んだりすることなく到着しました。
もちろん手元に届いて以来ほぼ毎日使っていて、強度の面でもとってもおすすめです。

created by Rinker
藤井器物製作所
¥2,109 (2023/02/05 13:03:10時点 Amazon調べ-詳細)

No2. ル・クルーゼ(Le Creuset) ステンレス鍋 3S シェフズパン 20 cm 

マレーシアに到着して数ヶ月はこのシェフズパン一つで煮物や炒め物、揚げ物などほとんど全てをこなしました。

チャーハンも最初は慣れが入りますが美味しくでき、焼き茄子もこれでできちゃいます。
ノンスティック加工や鋳物ホーローの鍋と違い、割れやコーティングの剥がれを気にすることなくガシガシ使えちゃうので重宝しています。

何度か炊飯もしましたがノープロブレム!火加減さえ気をつければ短時間で美味しく炊くことができます。


2020年の記事ではこれより随分大きなサイズの3.3Lのものをご紹介し、「持ってる鍋の中でひとつだけ選べ」と言われたらこれ!と言っていましたが、実際には小さなこのタイプがまさにその鍋でした。
補助用のハンドルが付いていないのも、小さなキッチンのマレーシアの住まいでは助かります。

created by Rinker
ル・クルーゼ(Le Creuset)
¥24,836 (2023/02/06 12:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにですが写真の後ろにちょこっと写っている無印の歯ブラシスタンド。
ステンレスバージョンは今は廃盤になったようですが、さい箸スタンドとして使っています。
ものによっては使えない菜箸(両端が細くなっているもの)もありますが、菜箸派の方にはこれまた便利でおすすめです。
*アマゾンのお値段は高いので直接無印良品で買われることをお勧めします。

No3. OXO オートドリップコーヒーメーカー

カナダではBreville (ブレビル)のミル付きのコーヒーメーカーを使ってて「もしもマレーシアに移住することになったら変圧器つけてでも持ってくる!」と思っているくらい気に入っています。
が、流石にそれを手荷物で持ってくることはできず、しばらくはとりあえずミルが付いてないドリップ式のコーヒーメーカーを買って凌ぐつもりでいましたが、数ヶ月経っても見つけられず。

クアラルンプールの家電店では高価なエスプレッソマシーンは売っているのですが、なぜかドリップタイプのコーヒメーカーが売ってません。
オンラインショップでも探したのですが気に入ったものがなく、仕方なくハンドドリップで過ごしていました。

そんなところ、フィルターペーパーが切れたので探してみたら、これまた2〜3杯用の大きさのペーパーがなかなか見つからずまた、ほとんどが日本の製品で結構なお値段。

日本のアマゾンを見てみたら国際送料込みでもまとめ買いしたら安いんじゃ?ということでアマゾンから直接送ってもらうことにしました。(消費税分も免除されます)

と、そこで発見したこちらの商品。
うちで使っているたっぷり容量のマグには一杯分しか使えませんが、アイスコーヒーはちょうど二杯分作ることができます。

OXOの製品はカナダ生活でも重宝していまして、コンテイナーなどたくさん愛用していますが、中でもこのコーヒーメーカーはぶっちぎりでお気に入りの商品に。
カップにはオンスとmlの両方の表示があり、なぜかコーヒーはオンスの方がピンとくるのでここも私にとっては便利ポイントです!

スペースが限られるマレーシアのコンド、置き場所に困るコーヒーメーカーを買わずにいて本当に良かったと思っています。

以上、「2022年マレーシア生活に持ってきて&買ってよかったモノ」をご紹介しました。
マレーシアでの生活は外食が多く、また道具も限られておりレシピをアップする機会がなかなかないのですが、少しずつレシピブログも再開したいと思っています。

それではみなさま今年もありがとうございました。良い年末年始をお過ごしください。2023年もどうぞよろしくお願いします!

おんたま
おんたま