夏に食べたいちょっぴりジャンクな味

初めてヤムママーを食べたのはもう15年ほど前でしょうか?

タイ人の知り合いが何かのイベントで一品を作るという企画の時に手際よくMAMAのインスタント袋麺を開け、パキパキっと麺を折り、ぽりぽりっと麺をいくつかそのまま食べながら(笑)お湯にいれ、麺がほぐれたところでスープを入れるのかと思いきや、麺をざるにとり、野菜類とあえてサラダにしてしまった時には本当に驚いたものです。

そしてそれが妙に美味しくって、以来バンコク在住時代には屋台で見かけると時々注文していた一品です。

ちなみにMAMAのインスタントラーメンはカナダではとっても手軽に買え、どんなローカルなお店でも大抵50セント前後で置いてあり、香港製の出前一丁、サッポロ一番と並んでとてもポピュラーなインスタント麺です。

MAMAのインスタント麺が手にはいらない場合はちょっぴり味が違うかもしれませんが、チキンラーメンをお使いください。

created by Rinker
Little Shop Thai
¥3,300 (2021-07-21, 1:07:55 PM時点 Amazon調べ-詳細)

具材はお好みで

今回のレシピでは現地の屋台っぽくポークソーセージ(ポールウィンナーのようなもの)を使っていますが、おこのみで豚のひき肉やハムなどをお使いください。

また、ヤムウンセン同様、具材は肉類と海老やイカなどをミックスするケースが多いように思います。

野菜はヤムの定番の中国セロリを使っていますが、手に入らない場合は普通のセロリを細切りにしたものやパクチーをお使いください。

created by Rinker
伊藤ハム
¥398 (2021-07-21, 3:43:31 PM時点 Amazon調べ-詳細)

ドレッシング

お店によって味付けも様々だったのですが、今回のレシピではちょっと面倒ですが、レモングラスを加えて爽やかな味つけにしてみました。

時間と腕力に自信のある方は臼でトントンと叩くといて作ると美味しさも一際ですが、面倒な方はフードプロセッサーなどをお使いいただくと素早く簡単にできます。

また、同梱されているスープパウダーは使いませんが、個別の袋に入っているペーストとお好みで粉唐辛子を加えてみてください。

また、具材をたっぷり入れた場合は味が物足りなくなってしまいますので、その場合にはお塩を少し加えてみてください。

ヤムママー (Yam Mama/ยำมาม่า)

Recipe by Ontama Kitchen
Servings

2

servings
Prep time

10

minutes
Cooking time

5

minutes
Total time

15

minutes

材料

  • 1袋 MAMA インスタント麺 (トムヤム味)

  • 1本 ポールウィンナー (もしくは豚挽肉やハムなど)

  • 150g 冷凍シーフードミックス

  • 2本 中国セロリ (もしくは普通のセロリやパクチー)

  • 1/4個 玉ねぎ

  • 1/2個 トマト

  • ドレッシング
  • 1本 レモングラス (中心の白い部分)

  • 2片 ニンニク

  • 1+1/2 大さじ ライム果汁

  • 1+1/2 大さじ ナンプラー

  • 1/2 大さじ ブラウンシュガー

  • 2本 生唐辛子 (プリッキーヌ)

手順

  • ドレッシング
  • レモングラスの白い部分とニンニクをみじん切りにし、できれば臼で叩いてペースト状にします(もしくはフードプロセッサーにかけてください)
  • みじん切りにした生唐辛子とナンプラー、ブラウンシュガーそしてライム果汁を加えてよく混ぜ合わせておきます。
  • ヤムママー
  • トマトはざく切りにし、玉ねぎは薄切りにします。中国セロリ(セロリ)も3cmほどに切り、ソーセージも薄切りにしておきます。
  • 鍋に湯を沸かし、冷凍シーフードミックスを入れ軽く火が通ったらインスタント麺を4つに割り、鍋に一緒に入れ、麺がほぐれるまで1〜2分茹でたらザルにとり水分をしっかり切ります。(豚ひき肉を使う場合はシーフードミックスと同時に鍋に入れてください)
  • 作っておいたドレッシングと2を合わせたら、1の野菜とソーセージも加え、インスタント麺の袋に入っているペーストとお好みでスープパウダーの隣についている粉唐辛子も加え、よく混ぜ合わせたら完成です。

メモ

  • お好みで出来上がったヤムママーは冷蔵庫でしっかり冷やしても美味しいです。