ベトナムコリアンダー (Rau Ram/Polygonum)

ベトナムコリアンダー (Rau Ram/Polygonum)

ラクサリーフとも呼ばれます

お気に入りのマレーシア料理店のラクサに入っているこの葉っぱ。
ずっとどこで手に入れられるのか探していました。

その強烈な香りはパクチーの比ではなく、ベトナムに行ったときにも何かと口にしたこの味。「正体はなんだろう?」と気になっていました。

なぜかというとラクサに入っているときには細かい微塵切りになっていて葉っぱの原型がわからなかったからです。

そしてラクサリーフという名前で探していたのですが、なかなか見つけられず、調べてみたところ、カナダではRau Ramという名前で流通していることがわかりました。

タデ科の植物

主にベトナムコリアンダーと呼ばれていますが、コリアンダー(パクチーもしくはシラントロ)のセリ科ではなくタデ科の植物のようです。

また、コリアンダー(パクチーもしくはシラントロ)と違い、洗った後しっかり水気を切って微塵切りにし、冷凍保存も可能です。

生春巻きに

カリーラクサやアサムラクサのトッピングのほか、やはりポピュラーなのは生春巻きかと思います。

以前ベトナムで食べた生春巻きは、このベトナムコリアンダーの香りが強烈で印象的だったのを思い出します。

その他、ベトナム風チキンサラダにも使われるようです。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA