プーパッポンカリー(Stir Fried Crab with Curry Powder and Eggs/ปูผัดผงกะหรี่)

プーパッポンカリー(Stir Fried Crab with Curry Powder and Eggs/ปูผัดผงกะหรี่)

子供から大人までに愛されるパッポンカリー

プーパッポンカリーを初めて食べた時の感動は今でも忘れられません。

バンコクではソンブーンというお店が有名店で、在住時代は日本からお客さまが来られた時には、必ずといっていいくらいお連れしていました。

ソンブーンだけでなく、ローカルなお店でも数多く提供されているプーパッポンカリーですが、蟹だけでなくエビやイカなどのパッポンカリーもあります。

調理のヒント

  • 生の蟹だけでなく、茹で蟹や剥き蟹でも美味しいです。
  • 蟹の種類は現地ではマッドクラブというものを使いますが、ワタリガニなどお好きなものをお使いください。
    写真はストーンクラブの茹でたものを使用しています。
  • 具材は蟹のほかエビ、イカ、白身魚などのシーフード、また鶏胸肉も美味しいです。
  • チリオイルはあればいいのですが、なければナムプリックパオの上澄みの油部分を使うこともできます。
  • エバミルクはふつうの牛乳でも代用可能です。またお好みでココナッツミルクでも。
  • 玉ねぎのほか、パプリカやレッドチリ、中国セロリなどを加えて美味しいです。
  • 茹で蟹の場合は塩分が強いこともあります。蟹の塩分に合わせてオイスターソースの量を増減してみてください。(今回の分量は少し塩分控えめになっています)
  • 調理を開始したら時間勝負です。調味液、卵はしっかり混ぜ合わせて準備しておいてください。
  • 現地タイではパッポンカリー用のカレー粉が販売されています。
    手に入るようでしたら是非試してみてください。

プーパッポンカリー(Stir Fried Crab with Curry Powder and Eggs/ปูผัดผงกะหรี่)

Recipe by Ontama KitchenCuisine: タイ料理
Servings

4

servings
Prep time

30

minutes
Cooking time

10

minutes
Total time

40

minutes

材料

  • 500g 茹で蟹 (殻付きのワタリガニなど)

  • 1/2個 玉ねぎ

  • 20g 青ネギ

  • 10g にんにく

  • 3個 卵

  • 1大さじ サラダ油

  • 調味料
  • 100ml エバミルク

  • 3小さじ カレー粉

  • 1大さじ オイスターソース

  • 1大さじ 醤油

  • 1大さじ ナムプリックパオ

  • 1小さじ 鶏がらスープの素

  • 50ml 水

  • 1大さじ シラチャソース

  • 1小さじ 黒胡椒

  • 1/2大さじ チリオイル (もしくはナムプリックパオの上澄みの油)

手順

  • 生の蟹の場合はしっかり甲羅をブラシなどで掃除し、食べやすいようにさばいておくきます。冷凍茹で蟹の場合は冷蔵庫で前日からゆっくり解凍し足の部分などの身を取り出し食べやすくしておきます。
  • みじん切りのにんにくとサラダ油をフライパンに入れ中強火にかけます。
  • 生の蟹の場合はフライパンに油を熱し、甲羅の色が赤くなるまで調理し、一旦取り出しておいてください。
  • 油がふつふつと泡立ち、にんにくが香ってきたら、さばいておいた蟹(甲羅以外)を投入します。
  • 蟹があたたまったら、玉ねぎと青ネギを入れます。
  • 5のフライパンに調味液を入れ沸騰させます。
  • 卵液を全体にまわしかけたら火を止め、かき混ぜながら余熱で火を通します。
  • 最後にチリオイルをまわしかけてください。
  • お皿にもったらよけておいた甲羅の部分を乗せたらできあがり。
0


コメントを残す