愛犬に手作りおやつを


昨年エアフライヤー(ノンフライヤー)を買って以来、揚げ物の温め直しや焼き芋、タンドーリチキンなどなど本当に大活躍中で、いくつかレシピもあげさせていただきましたが、今回もこのエアフライヤーを使った犬のおやつレシピを投稿してみたいと思います。

カナダの自宅で使っているのがアメリカのCOSORIというブランドのもの。
本当にたくさんの種類があってどのメーカーにしようか悩んだのですが、デザインがシンプルなのが気に入っています。

また、沢山のメーカーから発売されていてどれにしようか悩むところですが、できればBPA(ビスフェノールA)フリーの商品がおすすめかな?と思います。

市販品は大き過ぎて

カナダのペットショップ(主に健康志向系のお店)でも豚耳ジャーキーは売っているのですが、ほとんどが丸ごと耳一枚の状態で「うちの子には大きすぎるなぁ」ということで自作することにしました。

ちょっと面倒ではありますが、その分愛犬の喜びようは他のおやつとは比べ物にならないくらいで、どんなおやつでもすぐに飽きてしまう性格にも関わらずこのジャーキーだけは別格と言った感じです。

また、ジャーキーの大きさですが、小さすぎると飲み込んでしまう恐れがあるので適度にカミカミできるお大きさに切ってあげて下さい。
乾燥すると大分縮むので体の小さな子には長めに切るのがコツかなと思います。

created by Rinker
ノーブランド品
¥1,530 (2022/05/22 02:28:27時点 Amazon調べ-詳細)

心配な場合には獣医師にご相談を

中には肉類にアレルギーがある子がいます。
また、カロリーも気になるという方はかかりつけの獣医師さんに相談されることをお勧めします。

うちの子はチワワのミックスで体重が4.4Kgですが1日2本ほど食べて、朝夕のドッグフードを食べていますが、肥満ということもなくいい状態が保てているかな?と思います。

またもう少し高温で焼けばカリッと短時間で出来ると思おうのですが、出来るだけ焦げを与えたくないなということで100℃でじっくり2時間焼いています。

お好みの時間と温度を見つけていただければと思います。

犬のおやつ 豚耳ジャーキー [ノンフライヤー調理] (Pig Ear Jerky for Small Dog Breed)

Recipe by Ontama KitchenCuisine: 犬のおやつ
Servings

20

servings
Prep time

50

minutes
Cooking time

2

hours 
Total time

2

hours 

50

minutes

材料

  • 3枚 豚耳(冷凍でも)

手順

  • 豚耳に毛が付いている場合はトーチバーナーなどで焼いて処理して下さい。
    参考ページ
  • 豚耳はたっぷりのお湯で下茹でをします。沸騰したらアクが沢山出てきますので一度茹でこぼします。
  • お鍋のお湯を換えて40分ほど茹でます。
  • 豚耳が柔くなったらザルにとって粗熱をとり、好みの大きさに切ります。(焼いたら大分縮むので小さくなりすぎないように注意して下さい)
  • エアフライヤーに出来るだけ重ならないように並べ、100℃で60分焼きます。途中くっついているものを剥がしながらひっくり返して下さい。
  • 60分経ったら油が結構出てきますのでキッチンペーパーで油を取り、さらに100℃で60分焼きます。
  • さらに乾燥させたい場合はバスケットに入れたまま一晩放置して出来上がりです。

メモ

  • 保存はジップ付きの袋などで冷蔵保存し、1ヶ月を目安に食べきるようにして下さい。また冷凍もできます。